SABUROGU

アラサー文系会社員の逆襲

BOOKS

【大人の読書】 学生時代に憧れていた「監獄の誕生」に大人になってから挑戦するということ。

大学時代に憧れていた先輩の話 大学時代に同じ学術系サークルに所属していたすこし変わった先輩がいた。 その人は「ノルウェイの森」の永沢さんみたいに、 超人的なバイタリティと強靭な知性をもっていた。 そして人より多くの時間を勉強に当てていた。 その…

【遊びから「働く」を考える】「だれのための仕事――労働vs余暇を超えて」を読む。

もーつかれた。 仕事やめたい。 やっぱ仕事で疲れてくるとそう思うんですよね。 特に朝起きた時と終電間際の電車とか。 でも「お金もらってるから」、 「生活のために我慢しなきゃ」、 「土日で目一杯遊ぶために平日は我慢しよう」とか、 いろいろ頭で仕事の…

労働と思索の人エリック・ホッファーに学ぶ、「かっこいい男」とはなにかという問い。

Eric Hoffer, 1902/7/25 - 1983/5/20 かっこいい大人になりたい。 学生の頃は社会人になって仕事で成果を出して、遊びもがんがんやって、 ビジネスでもプライベートでもバリバリやっていると無邪気に思っていた。 大人になったらお金もあるし、経験も増えて…

【そろそろ本気で勉強するために。】「新しい時代のお金の教科書」

山口 揚平 (著)2017/12/6 ▪️本の内容ざっくり紹介 ▪️実際に読んでみて、いちばん印象に残った一文 ▪️最初に読んでみたいと思った理由 ▪️この本でわかったこと、考えたこと。 ▪️読みおわるまでにかかる時間 ざっと読めば120分くらい。 ▪️完全主観のざっく…

【みんな大好きデザインの入門書決定版!】「要点で学ぶ、デザインの法則 150」

▪️本の内容ざっくり紹介 ▪️いちばん印象的な一文 ▪️読んでみたいと思った理由 ▪️この本でわかったこと。 メカラウロコが多すぎて、紹介しきれないけど特に使ってみたいデザインの法則3選 ・アフォーダンス(P22) ・KISSの法則(P166) ・ナッジ(P200…

【偉大な天才ピカソのもうひとつの顔に迫る】「NATIONAL GEOGRAPHIC 美の変革者ピカソ」

▪️本の内容ざっくり紹介 【PICK UP特集】 ピカソはなぜ天才か?: ▪️いちばん印象的な一文 ▪️読んでみたいと思った理由 ▪️この本でわかったこと。 やばすぎるモラハラ男というピカソのもうひとつの顔。 ▪️読みおわるまでにかかる時間 ざっと読めば30分くらい…

【ディーン・フジオカ主演】ドラマ『モンテクリスト伯ー華麗なる復讐』の原作本がすごい!

フジテレビ系列で2018年4月19日(初回15分拡大)、毎週木曜10時から、『モンテ・クリスト伯-華麗なる復習-』にが放送されています。 主人公・柴門暖をディーン・フジオカが演じています。 今回のドラマの原作となった「モンテ・クリスト伯」とはいったいどんな…

なぜ子供は本が嫌いになってしまうのか。 そして大人になった今、本を好きになるために。

子供のときはみんな本が嫌い? 出版業界の関係者でも、子供のときは本が嫌いだったという話しをよく聞きます。 本に囲まれて仕事をするその環境を喜んでいる人でもそんな感じなのはすごい不思議。 そもそもなんで本嫌いになってしまうんだろう? 小さい頃か…

出版業界は本当にもう「終わっている」のか?

仕事帰りの電車の中でスマホでこの記事が目に入って、すぐ読んでしまった。 「出版業界はもう終わっている」 これは出版業に隣接する場所で働く人間にはこう見ているという話だ。出版業は苦境に立たされている、新しい売り方を模索せねば、という声が聞こえ…