SABUROGU

アラサー文系会社員の逆襲

【みんな大好きデザインの入門書決定版!】「要点で学ぶ、デザインの法則 150」

 

 ▪️本の内容ざっくり紹介

デザイン書のベストセラー『Design Rule Index-デザイン、新・100の法則』がポケットサイズに!

数学やインテリア、マーケティングなどで使われている法則をデザインにあてはめて解説。デザインの知識をさっと取り出してすぐに活かすことができる、デザイナー必携の1 冊!

 

 

▪️いちばん印象的な一文

 

絶対に古びない、デザインの本質

 

▪️読んでみたいと思った理由

f:id:sasano0179:20180511003124p:plain 

ちょっと前に流行ったこの画像。見覚えがある人も多いんじゃないでしょうか。

僕はこれ見た瞬間に買いました。

 

知らない人は知らないけど、知っている人は当たり前につかっている「うまくいくコツ」っていうのがどんな分野にでもあると思うんですよね。

例えば仕事での資料作りはもちろん、日々のコミュニケーションみたいな当たり前の日常生活とかの中でも。

ライフハック」がそうした実際的な方法を指すなら、この本に書かれているのはもっと原則的なデザインルールのカタログ。

 

そうした「うまくいくコツ」や「うまくいくルール」を味方につけたいと思って買ってみました。

 

▪️この本でわかったこと。

メカラウロコが多すぎて、紹介しきれないけど特に使ってみたいデザインの法則3選

 

アフォーダンス(P22)

 製品や環境に備わる物理的特徴のこと。それらはその機能や使い方に影響を及ぼす。

 

・KISSの法則(P166)

 デザインはシンプルな方が、よく機能し、信頼性が高いという原則。

 

・ナッジ(P200)

 選択肢を制限することも、特別な褒賞を用意することもなしに、行動の修正を促す手法。

 

このページだけでも読んでほしい!勉強になっておすすめ!

 

▪️読みおわるまでにかかる時間

ざっと読めば60分くらい。 

流し読みして興味を惹かれた項目だけを読むだけでも十分すぎるくらい勉強になります。

 

▪️完全主観のざっくりレビュー

 

読みやすさ   ★★★★

買いやすさ   ★★★

驚き・新鮮さ  ★★★★★

読んでよかった ★★★★★

 

▪️こんな人にオススメ

・会社の資料作成や広告作りに携わっている人

 

・プロダクトデザインに興味がある人

 

・デザイン入門者、学生、ビジネスマン