SABUROGU

アラサー文系会社員の逆襲

5年間履いてわかった「重い、でかい、硬い」トリッカーズバートンが最高の理由

f:id:sasano0179:20180520025149p:plain

Tricker's トリッカーズ

英国のカントリーブーツといえば、トリッカーズというくらい世界的に有名です。それはトリッカーズ社の歴史や伝統・品質やデザインが組み合わさり作られた靴が唯一無二であり、いつの時代でも新鮮であり続けるからです。

 

  

トリッカーズを購入しておそらく誰もが思うこと。

 

「重い、でかい、硬い」

 

これがまず試着してみて最初に思ったこと。たぶん初めてトリッカーズに足を入れた人は大体こう思うはず。

 

頑丈すぎるダブルソールの硬さが尋常じゃなくて、歩いてみてもヒールが一切返って来ない。

木の板にそのまま足をのせて歩いている感じ。

しかも質実剛健な靴というのは知っていたけど、ここまでとは思ってなかった。

 

新品のトリッカーズは革の強さが存在感ありすぎて、本当に巨大にみえるし、実際重い。あまりに大きく見えすぎるからおすすめされた7のサイズを1段階下げようかと迷ったほど。

「履いているうちに馴染んできて、見た目のサイズ感も変わってきますよ」というスタッフの言葉を信じて、おすすめされたサイズ通りに購入を決意。

 

正直、試着した段階では「こんなでかい靴履きこなせるかな?」という不安が大きすぎたけど、高校生の頃から憧れていた靴でもあって、ダメでもともとと思って買っちゃいました。

 

それから早5年・・。

 

夏以外の土日はほとんどトリッカーズ。特に秋冬にはボリュームのあるバートンがなん

かかっこよくて、ほとんどこれで過ごしてきました。

 

今の僕のトリッカーズはこんな感じになりました。

f:id:sasano0179:20180520025249j:plain

f:id:sasano0179:20180520031027j:plain

 

5年間履いてきた率直なレビューをしていきます。

 

僕のトリッカーズバートンの5年間の使い方

 雨の日は履かないようにしてたんですが、運悪く夕立にあってしまい。一度アッパーの部分が完全に浸水しました。

トリッカーズはエイジングをかなり楽しめる上質なアッパー素材を使っているんですが、

ぼくの靴はエイジングというか、マダラになってしまってますね。

 

まぁ綺麗な靴を履くという主義ではないし、これも思い出というか、自分の靴の歴史ってことであんまり気にせず履いてます。

ただクリームやブラッシング、シューツリーでの管理は割とちゃんとしてましたね。

ソールがそろそろ終わりなので、一度人生初のリペアに出してみたいなーと思ってます。

 

耐久性 革の強さがすごい!雨の日は避けたほうが無難

5年履いていて特に不安になったことがありません。

ただレザーソールの場合、ソールの磨耗や雨の日の滑りやすさがあるのでその点だけ注意が必要です。

レザーソールだとラバーソールと違って足音がするので、それも気に入ってます。

 

ぼく自身の経験から言うと雨の日はやめといたほうがいいですね。

防水スプレーできっちりケアしている人はいいかもしれませんが、革自体はやっぱり雨染みリスクがあります。特に明るめの色を購入したい人は避けたほうが無難です。

 

2.ファッション性  ユーモラスで無骨なスタイルがかっこいい

まずトリッカーズは靴好きの人だと一発でわかるそのスタイル。

大胆なフルブローグがまず最高にかっこいい。レザーの風合いが変わってきて履いている人の雰囲気にどんどん合ってくる大人の靴ですね。

 

堅牢なアッパー素材と重厚なダブルレザーソールで実際履いてみるとかなりボリューム感があります。この靴を履いているだけでブリティッシュでカントリー色が強いので、そういった雰囲気の好きな人には完全にハマります。

秋冬にかけてニットやコートが出てくるときは本当に活躍します。一足持ってたら間違いなしです。

 

なんでこの靴が世界中の人に愛されているのか、わかる気がします。

サイズ感

この靴は7で履いています。シャンボードでは6ハーフで履いているんですが、トリッカーズは7でよかったと思ってます。

やっぱりブランドが違うとサイズ感も変わってくるので購入前の試し履きは必須ですね。

saburo.hatenablog.com

 

履き始めは本当に固すぎて途方にくれますが、馴染んでくるとしみじみ「いい靴だなあ」と思えてきます。これは本当。

  

結論 一足は持ってて間違いない名作靴

トリッカーズのスタイルはやっぱり独特で存在感が桁違い。

履けば履くほど愛着がわいてくる奥深い靴です。トリッカーズほど違うモデルも履いてみたくなるブランドはなかなかないですね。

  f:id:sasano0179:20180520031145j:plain