SABUROGU

アラサー文系会社員の逆襲

セントジェームスが似合う大人になりたいと思ってたら、失敗しまくっていつのまにか5着買ってた話。

セントジェームスってかっこいいですよね。

シンプル。無骨。飾りっ気なし。ラフな印象。

 

適当に着て、特にファッションとか意識していないような何気ない感じ。

 

こんな大人になりたい。

こんな服をなにも意識せずに着こなせるようになりたいと思った大学生のころからいつの間にか10年くらいたちました。

 

そのころ思ってたような大人になれたかどうかはさておき、セントジェームスとの付き合いも10年くらいになってしまい、気づいたら合計5着も購入してました。

 

セントジェームスは買った時からサイズが変わるっていうのと、染料によって柔らかさがちがったり、同じモデルでも物によって肌触りや柔らかさに個体差がある、なんていわれるやっかいな服。

ただ、なぜかそれも魅力になる不思議なシャツなんです。

 

今までいろいろと買ってみて、いっぱい失敗もしてきたので、そんなセントジェームス遍歴を紹介したいと思います。

 

 

はじめての1着は大学生のころに買ったウエッソンのボーダーT4

多分はじめの一着にはブルーと白のストライプを選ぶのが無難かと思うんですが、

僕が選んだのはその時、限定で発売されていたターコイズのストライプ。

身長174センチで60キロくらいの僕が選んだサイズはT4。f:id:sasano0179:20180606011026j:plain

はじめての1着の感想は「あれ、なんか思ってたのと違う気がする・・」

 

まず厚手のコットンという素材に慣れていないので、どうも固く感じる。

肌触りがいいとおもえない。

そして丈が思ったより短くて、予想以上に身幅が大きい。

このシルエットが正直あまり好きになれなかったです。

正直この一着はあまり気に入ってはなかったです。

 

でもセントジェームスの似合う大人になりたいと思ってた僕は懲りずにリベンジします。

次に買ったのが社会人2年目のころ。ウエッソンの無地T3。カラーは黒と白。

セントジェームスのシンボルでもあるボーダーを捨てて、無地。しかも黒と白。

サイズはT3。

前回は身幅の大きさが気になっていたので、ワンサイズ落としてみました。

試着の時はジャストくらい。社会人になって環境の変化から若干痩せたので

174センチ、58キロくらいだったと思います。

 

結論から言うと、黒と白はかっこいい。特に黒!

素材感については白は柔らかめ、黒はバリカタ。

黒は洗濯を何回しても柔らかくはならないですね。

 

f:id:sasano0179:20180606011431p:plain

 

何回買ってもサイズ選びが難しい。。

あと盲点だったのが、購入時にジャストで着ているとサイズの変化の影響をモロに受けます。最初はそれを覚悟で買ったんですが、やっぱりサイズが縮む&素材が固いので

めちゃくちゃ肩がこります。

肩がこる服は着なくなるのでやっぱりちょっとゆとりのあるサイズを選んだほうが絶対にいいです。

縮むのは縦に大きく縮むので、着丈が短くなるんで、バンザイしたらお腹が出そうな感じ。

シルエットはかっこいいんですけど、小さくなってちんちくりんになってきたので、

今では奥さんが愛用してくれています。ありがとう。

 

サイズ表だけで買うと結構失敗するかも。試着はマスト。 f:id:sasano0179:20180606010728p:plain

次は懲りずにサイズを変えてウエッソンの黒T4

何回失敗しても諦めきれず、次に買ったのはウエッソンの無地の黒。

はい。同じやつを買いました。サイズはT4。

これで奥さんといつでもペアルックができます。

 

これから夏に向けてナヴァルというモデルの白と黒のストライプT4

 

 

f:id:sasano0179:20180606011251p:plain

 

セントジェームスのもうひとつの長袖定番シャツ、ナヴァル。かつてフランス海軍の水兵たちの制服であったことからこの名がつきました。上質なコットン100%の素材は、ウエッソンより糸の番手が細く、やや薄手です。吸湿性に優れ、洗濯を繰り返し着込んでいくことによって、よりいっそう肌に気持ちよくなじんでいきます。ボートネックの胸もとと肩口が無地なのが、すっきりした印象です。

 

これは今まで買ってきたウエッソンよりも薄手のコットンで、はじめから着やすそうな肌触り。

一枚でも十分着られる厚みがあって、これから暑くなる季節にいいかなと思って買ってみました。

 

昔大きすぎたT4サイズがジャストになった理由

 

今回のセントジェームスのサイズについて、一度失敗だと思ったT4にしたんですが、

結果的には大成功しました。

体格は174センチ、60キロで学生時代とあまり変わってません。

セントジェームスの作りも変わってないはず。

 

じゃあ、なにが変わったかというと、ここ数年筋トレをしていたので胸囲が若干大きくなったり、姿勢がよくなったおかげで、あれだけ大きいと思ってた身幅が気にならなくなりました。

服が似合うようになるのは筋トレの意外な効果ですね。

saburo.hatenablog.com

 

やっぱりセントジェームスの似合う大人になりたい。

そんなこんなで10年間セントジェームスとようやくいい関係を築けたかなと思ってます。

やっぱりシンプルでラフで飾り気のないシャツだからこそ、シルエットとかあんあまり気にしすぎるのも良くないなーと思います。

多少の不便やことは愛嬌だと思ってこれからも着続けていくつもりです。