SABUROGU

アラサー文系会社員の逆襲

忙しすぎる共働き夫婦でもこれならできる。結果的に家がかたづく3つの実践

f:id:sasano0179:20180614004521j:plain

最近、部屋がすぐに汚くなることに違和感を感じ始めてきた。

 

わが家はぼくと奥さんと二人で暮らしている。

夫婦共働きで子供はいない。

ぼくは毎日8時から9時くらいに帰宅する。

奥さんはたいてい9時から10時くらいに帰ってくる。

 

世の共働き家庭はだいたいそうだと思うけど、まとまって家事をする時間が本当にない。

いつの間にか飲みかけのペットボトルがテーブルの上を占拠し出して、

片付けたはずのクローゼットがいつの間にか荒れ果てているのが日常。

換気扇とか水回りの掃除は億劫だし、いつも後回し。それが当たり前だと思ってた。

 

子供がいる家庭はなおさらそうだと思う。というか本当に共働きで家をきれいに保つことなんてできるのか、とすら思う。

 

けどやっぱり部屋がきれいに片付いている方が気持ちいいし、できるならきれいな部屋を維持したい。でも掃除に一生懸命になるのは嫌。

 

こんな共働き生活でもなんとか部屋をきれいにできるようになったので、

その方法を紹介します。これは夫婦二人でやるのが成功の秘訣です。

 

 f:id:sasano0179:20180614005947j:plain

 

友人を招いてホームパーティをしてみたら、部屋がきれいになった

 

夫婦ふたりとも家事は嫌いじゃないけど、仕事と遊びが優先。

 

この前、夫婦で共通の友人を家に招待する機会があって、

その前の準備で自分でも驚くくらいに一生懸命掃除した。

 

普段なら目に入っても意識することのない電子レンジの裏とかサッシのホコリとか、

これでもかってくらいに汚いところが目につく。

 

やっぱり人を呼ぶのに水垢のついたシンクとか見せられないし、換気扇も徹底的にピカピカにした。

 

友人からは「きれいにしてるんだね」って言われて、

「え、そう?」とか言ってみたりした。

 

今あなたがいる部屋は過去1ヶ月でいちばんきれいな部屋ですよって言いたい!

 

あれ?ってことは、

人を招く=「部屋がきれいになる」&「友人と楽しい時間を過ごせる」&「すごく安くで飲める」という図式になってる!

 

これが全員が得をする最高の方法です。

 

 

f:id:sasano0179:20180614005535j:plain

「断捨離DAY」をイベント化してみた。

 なんでただ生活しているだけなのに、こんなにものが増えていくんだろう。

なんでこの前整理したはずの収納がもうパンパンになっているんだろう。

 

このミステリーを解決するには、単純に「捨てる」しかないですね。

 

ただ大掛かりにやっちゃうと疲れちゃうので、小分けにして断捨離をするのがオススメです。

今月はクローゼット、来月はキッチンの収納、再来月は押入れ、みたいに。

もし毎月やったら1年で12カ所を整理できます。

 

それで断捨離の日を先に決めるのがポイント。

例えば毎月の第4土曜日に断捨離するとスケジュールにとりあえず予定として組み込む。

ここまでできたらだいたい70%くらいは断捨離成功してます。 

 あとの30%はやるだけ。簡単です。

 

あと断捨離でやっぱりいいなって思うのが、今までの思い出の品とか出てきて結構それが楽しい。昔使ってたカメラとかノートとかを読み返すと面白いんですけど、そればっかりやってたらいつまでたっても終わらないので、そこは注意が必要です。

 

断捨離はホントに一度やってみて、絶対やってよかったと思えるはずです。

2回目以降は掃除ではなく、「イベント化」させるのがポイント。 

 

 f:id:sasano0179:20180614005646p:plain

掃除道具をマキタにしてみた。

 

これまで紹介した二つの方法は「掃除するぞ!」って意気込むんじゃなくてイベントにしたら結果的に家がきれいになって片付いてるっていう方法です。

 

ただ、これはせいぜい1ヶ月に1度のわりと大掛かりな方法。

普段の掃除の方法も考える必要がありますよね。

 

今までわが家ではなんとなく「ていねいな暮らし」に憧れてホウキで掃除してた時期もありました。

 

結論からいうとホウキは無し。

 

単純に部屋がきれいになりません。(もちろん本当に「ていねいな人」なら出来ると思いますが、土曜日に二日酔いで掃除する場合にホウキはつらすぎる・・)

 

ホウキの後は掃除機を検討しだして、当時最新だったダイソンV8を家電屋さんで検討してみました。

 (前にみた時よりだいぶ安くなってる・・。前7万円くらいじゃなかったっけ?)

 

やっぱりダイソンはすごい。すごすぎるけど、値段もすごい。

 

結論からいうとダイソンは大げさ。

 

 結局たどり着いたのがこれです。

マキタ 充電式クリーナ 10.8V バッテリー・充電器付 CL107FDSHW

 よくダイソンと比較されるマキタですが、レビュー総数は659件で評価は驚異の4.5を叩き出してます。

(マキタの凄さをまだ知らない人はとりあえずこれ読んで↓)

kakakumag.com

 

買ったのは去年の2月頃だったんですが、当時は入荷待ちでアマゾンには2ヶ月くらい待たされました・・。

でも待ったかいは十分ありました。土曜に起きてシャワーを浴びる時に充電開始。服を着替えるころには充電完了。ちゃちゃっと掃除するには必要十分な掃除機。

 

性能の割に安いのも嬉しい。掃除が終わっても若干充電が残るので、平日でも気になったらサッと掃除機をかけるのが苦にならないので、今までより掃除の頻度も上がります。

これはほんとに買ってよかった。ホウキ時代は一体なんだったんだ・・。

 

いつもは奥さんが掃除機をかけて、ぼくが無印のウェットシートで床を拭いたり、キッチンを拭いたりしてます。これもラクですねー。

 

やっぱり共働き生活で何かを続けるのはラクだから。そして夫婦でやるから楽しめる。

掃除も例外じゃないですね。